踏切 踏み切り ふみきり フミキリ fumikiri

ふみきりブログへようこそ!  美しき日本各地の踏切への旅行をお楽しみ下さい!


2013年06月24日

福原駅

水戸線福原駅の羽黒寄りにある踏切です。福原は構内は広く、かつては貨物も扱っていたようですが、今は田園地帯の小さな集落にある小駅です。駅近くに出雲大社の常陸分社があるのが目立っています。駅の出口は北側にしかないため、反対側の集落へはこの踏切を渡っていきます。

福原駅
タグ:福原駅 踏切
posted by fumikiri at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 北関東三県の踏切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今市駅

日光線今市駅の日光寄りにある踏切です。今市の中心部は、この駅と、東武の下今市の間で、どちらの駅も、市街地側に出口がある昔ながらの構造です。この踏切は、駅のすぐ横にあって、市街地と反対側へ行く通路としてパラパラと通行人があります。駅の反対側は繁華街ではありませんが、渡るとすぐ、今市高校があるので、高校生の渡踏が多いです。

今市駅
タグ:今市駅 踏切
posted by fumikiri at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 北関東三県の踏切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

三河東郷駅

飯田線三河東郷駅の大海寄りにある踏切です。三河東郷は、新城市のはずれにある、狭い島式ホームの無人駅です。駅出口は南側のみで、ホームへ行くための構内踏切がありますが、線路の北側からはホームに入れません。そのため線路の北側の人が列車に乗るには、この踏切を渡り、駅へ行き、また構内踏切を渡ることになります。この踏切は車輌は通行できません。

三河東郷駅
posted by fumikiri at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海四県の踏切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月22日

安城駅

東海道本線安城駅の西岡崎寄りにある踏切です。東海道本線のこのあたりは昔からの地平を走っており、踏切もそれなりに見られます。この踏切は駅に至近の踏切ですが、駅自体は橋上駅で、線路の両側に出口があるため、駅の乗降客は、通常はこの踏切を渡ることはありません。

安城駅
タグ:安城駅 踏切
posted by fumikiri at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海四県の踏切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

九州鉄道記念館駅

平成筑豊鉄道門司港レトロ観光線九州鉄道記念館駅の出光美術館寄りにある踏切です。この鉄道はもともとは鹿児島本線の貨物支線であり、それを観光鉄道に再生したものです。九州鉄道記念館駅は、門司港駅に隣接しており、実質は門司港駅です。そのため、貨物線時代からの踏切がいくつもあって、門司の古い街並みに溶け込んでいます。

九州鉄道記念館駅
posted by fumikiri at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州の踏切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

城野駅

日豊本線城野駅の南小倉寄りにある踏切です。城野は汽車駅の面影を残す駅ですが、近代化の工事も進んでいます。駅周辺は都市近郊の住宅地らしく、マンションなどが目立ち、パラパラと飲食店などが見られます。このあたりからは見えませんが、離れたところにあるモノレールの城野駅へもこの踏切経由で行くことができます。

城野駅
タグ:踏切 城野駅
posted by fumikiri at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州の踏切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月19日

京急川崎〜港町間

京急大師線の京急川崎〜港町間にある踏切です。この道路は国道409号線で、このあたりでも府中街道と呼ばれています。周辺は高層マンションが多いですが、古くからの住宅もあり、それらに工業地帯と歓楽街と、多少のオフィス街などが雑多に混じっています。京急本線や東海道本線も近くを走っていますが、それらには踏切はありません。

京急川崎〜港町間
posted by fumikiri at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東三県の踏切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浜川崎駅

南武線浜川崎支線浜川崎駅の駅前、浜川崎貨物駅寄りにある踏切です。この踏切を渡る道路を挟んで反対側には鶴見線の浜川崎駅もあります。南武線の電車はこの踏切の手前の浜川崎駅で折り返すため、この踏切は貨物専用で、定期旅客列車は通りません。周辺は工業地帯です。浜川崎駅付近にはマンションなどもできていますが、この踏切の前後は人家らしきものはほとんど見られません。

浜川崎駅
posted by fumikiri at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東三県の踏切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月17日

城端駅

城端線城端駅の越中山田寄りにある踏切です。城端は砺波平野の末端あたりにある終着駅で、高岡のほぼ真南、金沢のほぼ真東に位置しています。駅周辺は静かな住宅地で、お店もありますが、商業地としての活気はありません。この踏切は駅に一番近い踏切、つまり高岡から出ている城端線の最後の踏切です。利用者はあまり多くありません。

城端駅
タグ:城端駅 踏切
posted by fumikiri at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸の踏切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月15日

名取駅

東北本線名取駅の館越寄り、及び仙台空港鉄道杜せきのした寄りにある踏切です。名取はもともと東北本線の途中駅でしたが、仙台空港鉄道が開通して、この踏切のちょっと先で空港鉄道が高架となって上がっていくようになりました。しかしこの踏切のあたりまでは、特にそういった新線開通による新しさは感じません。周囲もどちらかというと成熟した街という感じです。

名取駅
タグ:名取駅 踏切
posted by fumikiri at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北の踏切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月14日

塩釜〜松島間

東北本線塩釜〜松島間にある踏切です。塩釜〜松島間は距離が10キロと長いですが、仙石線が近くを通っており、場所によってはほぼ並行しています。この踏切は、実は仙石線の松島海岸駅から徒歩で僅か3分ぐらいの所にあります。しかし松島海岸駅と当踏切の間には階段があり、また踏切の先も階段が多い傾斜地となっているため、車で訪問するのは簡単ではありません。この踏切も歩行者専用で、自動車は通行できません。

塩釜〜松島間
タグ:塩釜 松島 踏切
posted by fumikiri at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北の踏切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月13日

小牛田駅

小牛田駅の東北本線田尻寄り及び陸羽東線北浦寄りにある踏切です。小牛田は、東北新幹線ができるまでは鉄道の町として栄えました。石巻線もこの手前で分岐しています。今は普通列車と貨物列車がほとんどで、小牛田より先は本数もあまり多くありませんが、それでも堂々たる幹線の風格を持った線路という感じです。駅に近い割には賑やかな所ではないので、渡る人は多くありません。

小牛田駅
posted by fumikiri at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北の踏切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気仙沼駅

大船渡線気仙沼駅の鹿折唐桑寄りの踏切です。大船渡線の気仙沼以北は、東北大震災以来運休中で、列車は走っていません。しかしこの踏切は、気仙沼の駅構内とも言える位置にあるため、入れ替え列車などが通るのでしょうか。線路も錆び切ってはいませんでした。周辺は閑静な住宅地で、このあたりは一見したところ、震災や津波の被害の痕跡は既にありません。

気仙沼駅
posted by fumikiri at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北の踏切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中山平温泉駅

陸羽東線中山平温泉駅の鳴子温泉寄りにある踏切です。中山平温泉は陸羽東線の宮城県寄り最後の駅です。寂しい佇まいの無人駅ですが、温泉もあるため、ある程度の利用者があります。中山平温泉は、鳴子温泉郷に属しますが、鳴子地区に比べると鄙びていて俗化しておらず、観光旅行よりも本格的な湯治客が多いようです。

中山平温泉駅
posted by fumikiri at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北の踏切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月12日

米沢駅

奥羽本線米沢駅の関根寄りにある踏切です。米沢の福島方向の最初の踏切で、米坂線がゆるやかに分岐していく地点にあります。この背後には米坂線の踏切もあります。奥羽本線は新幹線が通る標準軌の幹線ですが、ここは単線で、見た感じは普通の小さな踏切です。新幹線用に特に厳重になっているわけではありません。もっともここは米沢駅に近いので、新幹線のスピードもそれほど速くありません。

米沢駅
タグ:米沢駅 踏切
posted by fumikiri at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北の踏切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

赤城駅

上毛電鉄赤城駅の東新川寄りにある踏切です。赤城駅は浅草からの東武特急の終着駅でもあり、上毛電鉄にとっても主要駅です。そのため、立派な駅前広場があり、駅周辺には商店もいくつも見られます。しかしこのあたりはすっかり車社会のようで、この踏切を通る車は多いですが、その割と歩いている人は少ないです。

赤城駅
タグ:赤城駅 踏切
posted by fumikiri at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 北関東三県の踏切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

通洞駅

わたらせ渓谷鉄道通洞駅の足尾寄り2つ目にある踏切です。通洞は足尾の中心街で、銅山が操業していた頃は非常に賑わったそうです。今は静かな山村の佇まいです。通洞駅の足尾寄りにある2つの踏切はどちらも第四種で、近くに警報機のある踏切はありません。この踏切の先には蓮慶寺というお寺があり、そこで行き止まりなので、この踏切はお寺のためにあるのでしょう。自動車は通行できません。

通洞駅
posted by fumikiri at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 北関東三県の踏切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月10日

東京スカイツリー〜曳舟間

東武伊勢崎線の東京スカイツリー(業平橋)〜曳舟間にある踏切です。東武の路線としては駅間ですが、実際は地下鉄の押上駅から目と鼻の先にあります。押上は都営地下鉄も東京メトロ半蔵門線も地下駅で、ここから京成押上線となってこの踏切の北東で地上に出てきます。そんなあたりにある踏切で、東武の踏切としては、引き込み線もまたぐので、結構な長さがあります。

東京スカイツリー〜曳舟間
posted by fumikiri at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都の踏切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月09日

戸頭〜南守谷間

関東鉄道常総線戸頭〜南守谷間にある踏切です。常総線のこのあたりは、常磐線とつくばエクスプレスに挟まれたエリアで、だいぶ都市化が進んでいます。沿線は新興住宅地も多いですが、このような昔からの農道の小さな踏切も結構残っています。

戸頭〜南守谷間
posted by fumikiri at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 北関東三県の踏切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月07日

一橋学園駅

西武多摩湖線一橋学園駅の国分寺寄りにある踏切です。一橋学園は、支線の駅らしい小さな島式ホーム一面の駅ですが、利用者は多いです。二つの駅が併合した経緯があるため、南北それぞれに構内踏切があって出口があり、どちらもその先に道路の踏切があります。この踏切はその南口を出た所にあるもので、車も自転車も歩行者も結構通る、活気のある踏切です。

一橋学園駅
posted by fumikiri at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都の踏切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

御花畑駅

秩父鉄道御花畑駅の影森寄りにある踏切です。西武秩父駅に最も近い踏切で、秩父の市街地の中にあります。車も歩行者もそこそこ見られます。複線の踏切ですが、通常の複線区間ではなく、もとからの秩父鉄道の単線に、西武秩父線の乗り入れのための線が並んでいるという構造です。

御花畑駅
posted by fumikiri at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東三県の踏切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

狭山ヶ丘駅

西武池袋線狭山ヶ丘駅の武蔵藤沢寄りにある踏切です。狭山ヶ丘は所沢市のはずれにある平凡な途中駅ですが、かつては貨物も扱う一般駅で、今も引き込み線などがあります。そのため、駅構内にかかっているこの踏切は、割と長さがあります。

狭山ヶ丘駅
posted by fumikiri at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東三県の踏切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月06日

強羅駅

箱根登山鉄道強羅駅の彫刻の森寄りにある踏切です。強羅は特に賑やかな所ではありませんが、箱根登山鉄道の軌道線とケーブルの乗換駅であり、山深い箱根の中ではちょっとした平地が開けています。駅前からこの踏切を渡った先には、ホテルや保養所などが結構多く、その先は箱根裏街道と呼ばれる国道138号線へも抜けられます。そのためこの踏切は、歩行者も自動車もそれなりに通ります。

強羅駅
タグ:強羅駅 踏切
posted by fumikiri at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 南関東三県の踏切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする