踏切 踏み切り ふみきり フミキリ fumikiri

ふみきりブログへようこそ!  美しき日本各地の踏切への旅行をお楽しみ下さい!


2017年05月19日

小高〜磐城太田間

常磐線小高〜磐城太田間にある踏切です。小高の町はずれ、小高川鉄橋の手前にあります。小高の市街地に遠くない場所ですが、畑や荒れ地の広がる少し荒涼とした感じの所です。人家も点在しています。この踏切は小特以外の車輌は通行できません。

小高〜磐城太田間
posted by fumikiri at 15:39| Comment(0) | 東北の踏切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月16日

八郎潟駅

奥羽本線八郎潟駅の井川さくら寄りにある踏切です。八郎潟駅は、同名の町の中心駅で、かつて日本第二の面積だった湖の名前でもあります。今も特急停車駅ですが、駅周辺は昔ながらの小さな商店街が見られる程度で、静かです。この踏切は、線路の反対側の住宅地から駅への道ですが、駅の上を跨ぐ歩道橋ができたので、それほど利用者は多くありません。

八郎潟駅
ラベル:踏切 八郎潟駅
posted by fumikiri at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北の踏切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金木駅

津軽鉄道線金木駅の芦野公園寄りの踏切です。金木は太宰治の生家があり、津軽鉄道の中核をなす主要駅ですが、昔より人口は減っており、駅にほど近いこの踏切のあたりも静かなたたずまいを見せています。それでも近くに高校があるので、朝は高校生が渡る姿が見られます。

金木駅
ラベル:踏切 金木駅
posted by fumikiri at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北の踏切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月19日

新青森駅

奥羽本線新青森駅の青森寄りにある踏切です。新青森は、東北新幹線の開業を見越して奥羽本線上に1986年に新設された駅で、駅の回りは特に主要駅らしさもなく、昔からの郊外住宅と田畑などです。新幹線と関係なさそうな地元の人がたまに渡りますが、新幹線ができたことで駅に向かう車の利用は増えただろうと思われます。

新青森駅
ラベル:踏切 新青森駅
posted by fumikiri at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北の踏切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月17日

青森〜新青森・油川間

奥羽本線新青森〜青森間、及び津軽線青森〜油川間にある踏切です。青森駅に一番近い踏切ですが、青森駅から歩くと10分以上かかります。旧・東北本線である青い森鉄道は既に分岐して少し離れた所を通っています。このあたりは青森の市街地に近いものの、完全な住宅地となっています。踏切の利用者はほぼ地元の人だけで、大きな道路は近くで上を跨いでいるため、車の通行は少ないです。

青森〜新青森・油川間
posted by fumikiri at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北の踏切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月25日

会津若松〜七日町間

只見線の会津若松と七日町の間にある踏切です。会津若松は、幹線である磐越西線は市街地のはずれでスイッチバックしてしまい、繁華な踏切がありませんが、そこから市街地寄りに入っていくローカル線の只見線沿いに、町中の踏切という感じのものがいくつかあります。このあたりは市街地に遠くはないものの、静かな住宅地で、人通りは少ないです。

会津若松〜七日町間
posted by fumikiri at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北の踏切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月24日

高城町駅

仙石線高城町駅の松島海岸寄りにある踏切です。高城町は、松島町の実質的な中心駅で、隣の松島海岸が観光客中心なのと対照的です。現在は東北大震災の影響でここから先が不通になっている上、代行バスとの乗り換えは松島海岸なので、ちょっとした盲腸線の終着駅のような風情を醸し出しています。

高城町駅
ラベル:高城町駅 踏切
posted by fumikiri at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北の踏切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月22日

大曲駅

奥羽本線大曲駅の飯詰寄りにある踏切です。この踏切は1年前までは普通の自動車も通る道路の踏切でしたが、線路をくぐるアンダーパスのバイパスが完成したので、自動車は通行禁止となり、歩行者専用踏切になりました。そういった最近の変更を感じさせるような新しい柵などがある踏切です。

大曲駅
ラベル:大曲駅 踏切
posted by fumikiri at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北の踏切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月15日

名取駅

東北本線名取駅の館越寄り、及び仙台空港鉄道杜せきのした寄りにある踏切です。名取はもともと東北本線の途中駅でしたが、仙台空港鉄道が開通して、この踏切のちょっと先で空港鉄道が高架となって上がっていくようになりました。しかしこの踏切のあたりまでは、特にそういった新線開通による新しさは感じません。周囲もどちらかというと成熟した街という感じです。

名取駅
ラベル:名取駅 踏切
posted by fumikiri at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北の踏切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月14日

塩釜〜松島間

東北本線塩釜〜松島間にある踏切です。塩釜〜松島間は距離が10キロと長いですが、仙石線が近くを通っており、場所によってはほぼ並行しています。この踏切は、実は仙石線の松島海岸駅から徒歩で僅か3分ぐらいの所にあります。しかし松島海岸駅と当踏切の間には階段があり、また踏切の先も階段が多い傾斜地となっているため、車で訪問するのは簡単ではありません。この踏切も歩行者専用で、自動車は通行できません。

塩釜〜松島間
ラベル:塩釜 松島 踏切
posted by fumikiri at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北の踏切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月13日

小牛田駅

小牛田駅の東北本線田尻寄り及び陸羽東線北浦寄りにある踏切です。小牛田は、東北新幹線ができるまでは鉄道の町として栄えました。石巻線もこの手前で分岐しています。今は普通列車と貨物列車がほとんどで、小牛田より先は本数もあまり多くありませんが、それでも堂々たる幹線の風格を持った線路という感じです。駅に近い割には賑やかな所ではないので、渡る人は多くありません。

小牛田駅
ラベル:踏切 小牛田駅
posted by fumikiri at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北の踏切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気仙沼駅

大船渡線気仙沼駅の鹿折唐桑寄りの踏切です。大船渡線の気仙沼以北は、東北大震災以来運休中で、列車は走っていません。しかしこの踏切は、気仙沼の駅構内とも言える位置にあるため、入れ替え列車などが通るのでしょうか。線路も錆び切ってはいませんでした。周辺は閑静な住宅地で、このあたりは一見したところ、震災や津波の被害の痕跡は既にありません。

気仙沼駅
ラベル:踏切 気仙沼駅
posted by fumikiri at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北の踏切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中山平温泉駅

陸羽東線中山平温泉駅の鳴子温泉寄りにある踏切です。中山平温泉は陸羽東線の宮城県寄り最後の駅です。寂しい佇まいの無人駅ですが、温泉もあるため、ある程度の利用者があります。中山平温泉は、鳴子温泉郷に属しますが、鳴子地区に比べると鄙びていて俗化しておらず、観光旅行よりも本格的な湯治客が多いようです。

中山平温泉駅
posted by fumikiri at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北の踏切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月12日

米沢駅

奥羽本線米沢駅の関根寄りにある踏切です。米沢の福島方向の最初の踏切で、米坂線がゆるやかに分岐していく地点にあります。この背後には米坂線の踏切もあります。奥羽本線は新幹線が通る標準軌の幹線ですが、ここは単線で、見た感じは普通の小さな踏切です。新幹線用に特に厳重になっているわけではありません。もっともここは米沢駅に近いので、新幹線のスピードもそれほど速くありません。

米沢駅
ラベル:米沢駅 踏切
posted by fumikiri at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北の踏切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月15日

蟹田駅

津軽線蟹田駅の瀬辺地寄りにある踏切です。蟹田はもともと蟹田町の中心駅だったところに、海峡線の開通以来、特急停車の主要駅へと昇格しました。しかし駅周辺もさほど活気はなく、静かな漁村のたたずまいです。駅のすぐ瀬辺地寄りしばらくは、津軽線では数少ない、遮るものなく海の見える区間で、その入口あたりにこの踏切があります。

蟹田駅
ラベル:蟹田駅 踏切
posted by fumikiri at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北の踏切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

津軽二股駅

津軽線津軽二股駅の大平寄りにある踏切です。津軽二股はもともとは閑散とした所にあった単線の無人駅ですが、駅の上に海峡線の津軽今別駅ができてから、駅前広場などが整備され、駅の横に道の駅もできました。この踏切は津軽今別駅へ行く歩行者用の階段につながる踏切で、津軽今別駅の乗降客は必ずこの踏切を渡る必要があります。

津軽二股駅
ラベル:踏切 津軽二股駅
posted by fumikiri at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北の踏切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

宮守駅

釜石線宮守駅の岩根橋寄りにある踏切です。宮守は、かつての宮守村の中心で、急行停車駅でした。今も快速が停車します。駅の反対側は、道の駅などもできており、また「めがね橋」の通称で知られる有名な橋梁があり、いくらか人の気配があります。しかし、反対側のこちらは、駅に近いのに林道の風情で、人の姿も稀な、寂しい所です。

宮守駅
ラベル:宮守駅 踏切
posted by fumikiri at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北の踏切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

追分駅

奥羽本線追分駅の大久保寄り並びに男鹿線追分駅の出戸浜寄りにある踏切です。一見すると複線区間のようですが、奥羽本線と男鹿線の単線が並んでいます。この並走区間はこの先1キロほど続き、もう一ヶ所踏切があります。どちらの線路にも上下線の列車が通るので、注意が必要です。

追分駅
ラベル:追分駅 踏切
posted by fumikiri at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北の踏切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月27日

勿来駅

常磐線勿来駅の植田寄りにある踏切です。勿来は常磐線で東北最初の駅です。平成の大合併よりずっと昔の1966年にいわき市になりましたが、それ以前は勿来市という独立した市でした。しかし市の玄関というほどの賑わいはなく、駅に一番近いこの踏切も、長閑な農道という感じです。この踏切は自動車の通行はできません。

勿来駅
ラベル:踏切 勿来駅
posted by fumikiri at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北の踏切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

神俣駅

磐越東線神俣駅の菅谷寄りにある踏切です。神俣は、旧滝根町の中心で、駅前集落があり、駅周辺には工場がいくつもあります。周辺で石灰岩が採れるため、その工場が多く、かつてはこの駅から貨物で出荷もされていたそうです。この踏切は、渡った先の両側に石灰石の工場があります。

神俣駅
ラベル:神俣駅 踏切
posted by fumikiri at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北の踏切 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする